革小物の素材にも最適で野生的なシボが魅力的なイノシシ革

革小物の素材にも最適で野生的なシボが魅力的なイノシシ革

手袋などの革小物に使用されることが多い素材にはいろいろな種類がありますが、イノシシ革も革小物に使用されることが多い素材の一つです。イノシシ革は高級な素材でもあり流出量そのものはあまり多くないです。しかも、国より保護規制があるため狩猟や輸出に対しての制限が行われています。ちなみに、南米に生息しているものをベッカリーと呼びヨーロッパに生息している豚の革のことをチンギアーレと呼びますが、いずれも希少価値が高いものです。ベッカリーはきめ細かく通気性に富んだもので、伸縮性も高くて雨などで濡れても硬くなりにくいなどから高級バッグや手袋など革小物に使用されます。ワニ革も革小物に使用されることが多いですが、ワニは哺乳類にはない斑紋が特徴的です。クロコダイル・アリゲーター・カイマンの3種類があり、その中でもクロコダイルは非常に高価とされます。なお、ワニ・蛇・トカゲなどの爬虫類は、絶滅危惧種のリストに含まれる関係から厳しい規制があります。

クロコダイルのワニ革はグラマラスな革小物の素材

ワニ革は革小物の素材の一つになりますが、哺乳類の革には存在しない斑紋があるのが最大の特徴です。この斑紋は革小物の魅力を最大限に引き出してくれる、このような特徴がありますが、ワニ革にはクロコダイルやアリゲーター・カイマンなどの3つが代表的です。その中でもクロコダイルは高価な素材でグラマラスともいわれています。ちなみに、グラマラスときくと豊満などのようなイメージになるかと思われますが、革製品での表現は魅力的で洗練された美しさを持つなどの意味になります。ただし、ワニはトカゲや蛇などと同じく絶滅危惧種に分類されている関係から捕獲はもちろん輸出などに規制が設けられていて簡単に入手ができるわけではありません。ワニ素材を使った革小物は、素材を大量に使うことはないけれども規制が行われている関係からも新品での購入ができないこともあります。この場合は、中古品を扱っている革小物の専門店を使えば欲しいアイテムを見つけることもできるのではないでしょうか。

革小物 通販に関する情報サイト
革小物ラボ

当サイトは、革製の小物に関するミニ知識を幅広くご紹介していますが、革製の素材にはいろいろな動物があります。いずれも動物から貰った天然の皮革でもあり同じものが2つと存在しない一点ものといった魅力もあるわけです。ここでは、個性的なシボに味を持つ革製品に最適なヤギ革や最適な素材であると同時に野性的なシボが魅力のイノシシ革など革小物に使用される動物の革に関することにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search