個性的なシボに味を持つ革小物にも最適なヤギ革

個性的なシボに味を持つ革小物にも最適なヤギ革

革小物と聞いたとき、素材は牛革をイメージされる人は多いのではないでしょうか。しかし、革小物の素材はいろいろな種類があり、その種類によっても風合いや手触りなどが全く異なります。例えば、同じ形の革小物(お財布など)を見比べたとき、牛・豚・馬・ヤギ・鹿などそれぞれの素材でできているものは全く異なるアイテムになります。ヤギ革は、ゴートスキン(成長した個体)やキッドスキン(子どもの個体)と呼ばれることもありますが、牛革よりも強くて丈夫そして個性的なシボが魅力的です。経年変化を楽しむことができる魅力もあります。ちなみに、キッドスキンは柔軟で美しさを持つことから手袋や靴の素材で使用されることが多いようです。鹿革は、ディアスキンと呼ばれるもので伸びても元に戻る性質があるため、手袋にしようされることが多いです。軽量でしなやかさがりますが、型崩れしにくくて丈夫ですし摩擦にも強いのが特徴です。なお、オス鹿の革の表面を起毛させたものはスーパーバックスキンと呼び、油を使って鹿革をなめしたものがセーム革です。

革小物素材の知識!鹿革の特徴や魅力をご紹介

革小物の素材と聞くと、牛・豚・馬などを連想する人は多いかと思われますが代表的な素材だけでなくディアスキンといった鹿革の革小物も見つけることができます。鹿の革の特徴には、伸びて元に戻るといった一種の形状記憶のような機能が備わっていますので手袋素材に最適といわれています。軽くてしなやかな特性がありますが、このような特徴に加えていえることは型崩れしにくく丈夫である点です。耐久性が高い素材になるので、摩擦などが多い手袋でも長期間使い続けることができますし、適切なメンテナンスをしっかり行っておけば経年変化も楽しむことができる、このような魅力も持ちます。摩擦にも強いのでモノにより洗濯することもできるなど、洗濯の可否は購入したときに添付されている説明書や注意書きを見て確認することをおすすめします。なお、オスの鹿の革の銀面を起毛させているものはバッグスキン、油でなめしたものをセーム革などの種類に分類されます。

革小物 通販に関する情報サイト
革小物ラボ

当サイトは、革製の小物に関するミニ知識を幅広くご紹介していますが、革製の素材にはいろいろな動物があります。いずれも動物から貰った天然の皮革でもあり同じものが2つと存在しない一点ものといった魅力もあるわけです。ここでは、個性的なシボに味を持つ革製品に最適なヤギ革や最適な素材であると同時に野性的なシボが魅力のイノシシ革など革小物に使用される動物の革に関することにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search